あしかがフラワーパークのイルミネーションはベビーカーで見られる?幼児は楽しめる?

栃木県でお出かけ

第四回イルミネーションアワードのイルミネーション部門で、三重県のなばなの里を抑え、第一位に選ばれた栃木県あしかがフラワーパークの「光の花の庭」。

どんな素敵なイルミネーションが見られるのか、お子さんと行ってみたいと思いませんか?

あしかがフラワーパークはベビーカーで入れるのか、小さなお子さんは楽しめるのか、紹介したいと思います。

  

スポンサーリンク

あしかがフラワーパークのイルミネーションはベビーカーで見られる?

あしかがフラワーパークでは車椅子の貸し出しを行っているので、基本的にはベビーカーで園内を回ることも可能です。

でも園内は平らでベビーカーが押しやすい所もありますが、道幅が狭くベビーカーだとすれ違うのが難しかったり、道がでこぼこしている上り坂があったりするので、園内をすみずみまで見たいならベビーカーでは行かない方がいいでしょう。

昼間なら周囲も良く見えますが、夜は段差なども見逃してしまうので、ベビーカーは少し危ないかなと思います。

イルミネーション期間中は寒いので、まだ歩けない赤ちゃんなら抱っこひもでだっこし、ある程度歩ける子ならしっかり防寒して一緒に歩いて回るといいです。

園内はイルミネーションが輝いているとはいえ、薄暗く多くの人で混雑しています。

池もあるのでお子さんが水の中に落ちてしまったり、迷子になったりしないように気をつけてあげて下さいね。

あしかがフラワーパークのイルミネーションは幼児でも楽しめる?

ずばり、楽しめます!!

ずっと輝いている静止状態のイルミネーションだけでなく、物語のように少しずつ変化していくイルミネーションもあるんです。

立ち止まってみると、まるで光のショーを見ているような気分になれて、変化があるのでお子さんも釘づけになりますよ。

イルミネーションのモチーフも、藤・バラ・睡蓮など美しいものだけでなく、雪だるまや動物・汽車など子どもたちが親しみやすいものもあるので見ていて楽しいと思います。

園内の各所がそれぞれテーマを持って飾られているので、きっとお子さんが好きなイルミネーションが見つかると思います。

また、入園料がかかる4才以上の幼児・小学生は園内にあるスノーハウスでプレゼントがもらえます。

以前、私が子どもと行った時は、光るペンダントがもらえました。

何がもらえるか楽しみですね。

園内は見どころがたくさんありますが、とっても寒いです。

まだ見たいけど、寒くて外にいるのが辛いなんてことにならないように、ぜひ防寒対策をばっちりして行って下さい。

あしかがフラワーパークのイルミネーションの食事場所のおすすめは?

あしかがフラワーパークの中にもレストランがあったり軽食が売っていたりしますが、イルミネーションを見たあと食事をしていると、帰るのが遅くなってしまい、駐車場を出るのに渋滞に巻き込まれてしまう可能性があります。

それよりは、日没後すぐくらいの時間にイルミネーションを見て早めに退園し、車で30分くらいの場所にある、足利駅か佐野駅周辺で食べることをおすすめします。

どちらの駅の周辺にも、ファミリーレストランや回転すしがあるので小さいお子さん連れでも行きやすいのではないでしょうか。

私のおすすめは、足利にも佐野にもあるナポリの食卓というピッツァ食べ放題のお店です。

足利店はヨークタウン足利のそばに、佐野店はイオンモール佐野新都市の北側にあります。

ナポリの食卓は、セットメニューを頼むとテーブルまで焼きたてのピッツァを持ってきてくれて、いろいろな種類のピッツァを1ピースずつ何枚でも食べる事ができるんです。

その他にサラダバーもあり、レタス・ブロッコリー・コーン・わかめなども食べ放題。

セットメニューは何種類かありますが、基本的にはパスタ・リゾットなどのメイン料理にサラダバー・ピッツァ食べ放題・ソフトドリンクがついてお値段1300円くらいでかなりお腹いっぱいになります。

幼児なら、400円くらいでサラダバー・ピッツァ食べ放題・ソフトドリンクがつくのでお得です。

ピッツァがくるのを待ったり、サラダバーにサラダを取りに行ったりするので、多少時間はかかりますが、ある程度の時間なら待てるお子さんなら一緒に行って見て下さい。

まとめ

あしかがフラワーパークは、小さなお子さんでもイルミネーションを楽しめます。

しっかり防寒対策をして迷子に気をつけて、混雑する前に早めの行動をすることを心がけてイルミネーションを満喫してきて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました